7年目を迎えた震災の日に思うこと、すること。

 

こんにちは、

田守商事のこめ千代です。

今年も、3月11日がやってきました。

東日本大震災、あの日から7年。

7年経った今でも、被災地は元に戻っていませんし、

避難所生活をされている方も、何万もおられ、

過去の悲しい記憶とは言い切れない今日です。

日本人の心の大きな爪痕は、

多分、今後も消えることは無いでしょうが、

阪神淡路大震災のあと20数年が経過し、

時と共に、元気な笑顔が帰ってきたように、

どの家庭にも戻ってくるよう、

祈るばかりです。

 

毎年、3月のこの日には、

緊急持ち出しの防災グッズの確認をしています。

自宅でも、勤務先でもやっています。

 

電池を入れ替えたり、

スイッチの確認をしたり、

飲料水の交換をしたり・・・

そんな事をしながら、あの日を思い出しています。

 

南海トラフも、生きている間にやってきそうですし、

備えるという事の重要性、

そして、災害の大きさゆえに、その前で人間が何ができるか、

いつもは、笑い声の多い勤務先ですが、

そんな事を話しています。

 

明日の奈良の東大寺のお水取りが終わったら、

関西にも、春がやってきます。

日本中の全ての人に、

春がやってきますように、お願いしたいと思います。

 

1385601843-e1490258591170-490x350

奈良市HPよりお借りしました。

にほんブログ村 グルメブログ お米・餅へ
にほんブログ村 料理ブログ 食材へ
*クリックも、米千代評価に繋がります m(_ _"m)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">